保育園看護師に強い求人サイトは?



現在、看護師の間で人気の職種の1つといわれてるのが、保育園看護師です。

子育て中のママさん看護師だけでなく、少しのんびり働きたいという形、子供好きの看護師さんにはオススメの働き方です。


保育園看護師として働く前に、保育園看護師の仕事の魅力やデメリットについてしっかりと理解しておきたいですよね。

保育園看護師は魅力が多いですしやりがいのある仕事でもありますが、反面、病院看護師にはない大変さもあります。保育園看護師になろうか考えてる方は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

また下記では保育園看護師に強い求人サイトをご紹介していますので良かったら参考にしください。

保育園看護師の求人・転職サイト、おすすめランキング

  • 看護roo!

    看護roo!

    数ある看護師転職支援会社のなかでも、現在、実力・人気ともにNo.1の会社です。登録されている病院の数が国内最大級なのもありますが、何より手厚い転職サポートに定評があります。利用者満足度は驚異の96%です。病院以外の転職先にも強く、保育園への転職にも強いです。

    ※九州・四国はサービス対象外です


     無料登録はコチラ

  • ナースではたらこ

    ナースではたらこ

    求人情報サイトで知られているディップが運営している看護師求人に特化した転職サイトです。豊富な求人数が魅力で、紹介している求人先の所在地は全国津々浦々です。転職が初めてで、不安や疑問が沢山ある方でも気軽に安心して利用できますよ。利用者からの満足度も高く、転職後の手厚いアフターケアも人気の理由です。


     無料登録はコチラ

  • ナースパワー

    ナースパワー

    25年という長い月日をかけて実績を積み上げてきた歴史ある看護師専門求人サイトです。これまで培ってきた信用度は大きく、転職先との間に築き上げた信頼感は利用者の転職成功に結びつきやすいというメリットがあります。業界の転職に精通したコンサルタントも在中していますので、とても頼りになります。全国13か所に展開しています。


     無料登録はコチラ

  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    医療専門の転職支援会社の中でも、安定した評価を得ているのがナース人材バンクです。全国各地、あらゆるジャンルの医療系求人を取り揃えておりますので、希望条件にぴったりの求人先が見つかります。今、人気の高い保育園看護師の非公開求人も多数用意していますので、要望が多い方でもご希望に沿った転職が実現できますよ。


     無料登録はコチラ

  • ベネッセMCM

    ベネッセMCM

    大手企業ベネッセコーポレーションが運営している看護師専門の求人サイトです。高収入・高時給など好待遇な求人、単発のお仕事も豊富で、正社員だけでなく非常勤など様々な働き方に対応しています。元医療従事者のコンサルタントによる転職サポートも好評です。しかし、首都圏がメインですので利用する際は注意が必要です。


     無料登録はコチラ

保育園看護師に転職するメリットとは?



看護師の勤務先というと病院やクリニック等の医療機関がメインですよね。しかし、現在は意外な場所で活躍している看護師も多くいます。その一つが「保育園」です。

保育園というとやはり保育士さんの職場であり、看護師の活躍は陰に隠れてしまいがちですが、園児たちの健康を守るために欠かせない重要な存在だと言えます。


保育園看護師の役割

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症や伝染病といった影響を最も受けやすいのが子供たちです。感染を防ぐためにも、園内の衛生管理を徹底するとともに、保育士や保護者に向けた予防対策もしっかりと発信していかなくてはなりません。

また、園児たちが怪我をした際の応急処置や、保護者への状況説明なども重要な仕事のひとつです。


園児の病気発生率を研究したり、園内の怪我に繋がりやすいポイントをデータ化して、発生頻度の低減に努めたり、0歳児の予防接種の接種時期をお知らせしたりと、健やかな成長を見守り、看護師のスキルを活かして園児たちが健康に過ごせるためのお手伝いをします。


では、保育園看護師のメリットについて見ていきましょう。

保育園看護師のメリット


1.子供たちの笑顔に癒される

保育園看護師の魅力と言えば、やはり子供たちとの触れ合いではないでしょうか。

保育園看護師になると、看護の仕事ばかりではなく、保育士さんと一緒に園児たちのお世話をすることも多々あります。元気いっぱいの子供たちに手を焼くこともありますが、子供好きな看護師にとっては大きなやりがいを感じられることでしょう。

また保育園では、看護スキルの他、育児経験を活かして働くこともできますので、ママさん看護師の転職先として非常に人気があります。未婚の方にとっては、将来訪れるであろう育児の勉強ができる、というメリットもあります。

2.拘束時間が長くない

保育園ですから、病棟のように夜勤や当直などはありません。また、基本的に土日祝はお休みですので、OLさんと同じような勤務時間で働くことができます。

また、保育園看護師は、常勤の他にパートや派遣といった非常勤での募集も多くあります。非常勤の場合は、週1、2回からの勤務が可能で、日にちも都合の良い日に合わせて入ることが可能な求人もあります。


保育士さんであれば、園児が帰った後も残業を余儀なくされますが、看護師の場合は定時で帰ることもできます。つまり1ヶ月あたりの勤務時間で言えば、平均的な看護師に較べればだいぶ少ないと言えるでしょう。

プライベートな時間を確保しやすいことから、仕事と家庭を両立させることも可能です。これが育児中の看護師や、ブランクのあった看護師さんが復職するのにオススメと言われる理由です。

3.病棟勤務のような忙しさや緊迫感がない



例えばオペ室のような一国一城争うような職場であれば、看護師さんの動き1つで患者の命に関わるようなことにもなりかねません。ですが保育園であれば、そうした切迫感とは無縁です。

保育園看護師の仕事は、園児たちの健康管理や保健衛生に関することがメインです。もちろん、園児の急病や大怪我など、急を要する対処が必要な場面は起こり得ると言えますが、少なくとも患者が生死の境をさまよう、といった事態は皆無と言っていいでしょう。


園児たちの行動は先が読めませんので、唯一の医療従事者である看護師も注意を払って観察しなくてはならないという責任感はありますが、これはどんな職場でも発生するものです。

こうした点から見て保育園看護師は、病院看護師のようなプレッシャーは少なく、精神的にも働きやすい環境であることもうれしいポイントですね。

4.夜勤がない割に給料が良い

もちろん勤務先にもよりますが、公立の保育園であれば常勤看護師さんで年収500万行く事は珍しくありません。

通常の病院看護師であれば、夜勤も含めてこの金額ですから、収入面では恵まれてると言えるでしょう。ただし私立保育園の看護師の場合は、勤務先によって給料を大きく変わってきますのでその点はご注意ください。

 保育園看護師に強い求人サイトはコチラ


以上は保育園看護師の魅力やメリットですが、その一方でデメリットも存在します。



保育園看護師に転職するデメリットとは?


1.看護師のスキルが上がらない

1つ目のデメリットは、看護師としてのスキルが身につかないことです。病院に勤務していれば、色々な診療科がありますから看護師として様々な看護技術を身につけることができます。

そして病院に長く勤めていれば、その分看護師としての臨床経験のキャリアにもなり、昇進することも可能です。また、勤務年数に応じて培われたスキル・経験によって他の職場へと転職もしやすくなります。

その一方で保育園看護師であれば、看護師としてのスキルはあまり身につきませんので、保育園看護師の後に病院勤務に復帰したいと思っても、難しい可能性はあります。

看護師以外の仕事が多い

2つ目のデメリットは、病院勤務時代では考えられなかったような雑用が多いことです。

先ほどメリットのところで、病院勤務のような殺人的な忙しさはないと書きましたが、それは保育園看護師がラクな仕事であるという意味ではありません。

実際のところ緊急性は無いものの、目の回るようなたくさんの仕事があります。例えば子供の健康管理に始まり、日報書いたり保育園便りを書いたり、果ては保育園内の草むしりまですることがあります。

つまり、保育園看護師という立場を超えて保育士のような立ち回りをさせられることがよくあります。保育園看護師になってからこんなはずじゃなかった、ということがないよう事前に業務内容については確認しておく必要があります。

3.保育士・親御さんとの人間関係



デメリットの3つ目は、保育士や親御さんとの人間関係で気を使う必要があります。もちろん病院内の人間関係も独特なものがあり、そこよりも厳しいというわけではありませんが、保育園看護師といえど人間関係の面倒さはあります。

保育士さんとの関係の場合、保育士よりも保育園看護師の方が高い給料もらってるため、やっかみを受けることも少なくありません。さらに親御さんとの関係で言えば、モンスターペアレントのような方もおり、対処に苦労することも少なくありません。

また、職場の雰囲気は園長によって決まることも多くあり、保育園へ転職をお考えの方は職場選びに慎重にならなくてはなりません。

4.衛生環境が悪い施設もある

デメリットの4つ目は、これもあくまで病院との比較ですが、施設はやや不衛生なことが多く気苦労が絶えないことも多いです。こうした施設の改善を委員長や経営者に要求する方はいますが、実際に受け入れられる事はあまりないのが現状です。


いかがでしたでしょうか。こうして見ると、保育園看護師ならではのデメリットもありますが、人によってはそれをメリットと感じるポイントも多いのが、保育園看護師の魅力でもあります。

また、こうしたデメリットは、転職の際に求人選びにさえ失敗しなければクリアできてしまうものですので、転職サイトを利用して条件の良い職場と出会うことをお勧めいたします。


保育園看護師になるには小児科での勤務経験が必要?



保育園看護師になりたいけど今まで小児科経験がない・・・と、保育園への転職に尻込みしてしまう方も少なくありません。

しかし、保育園看護師になるのに小児科経験は必要ありませんので、子供の健康のために看護スキルを活かして働きたいという方は、気兼ねなくチャレンジしてみると良いでしょう。


実際、求人情報を見ても、小児科経験を求めている職場はほとんど見かけません。とは言え、乳幼児を相手にする仕事ですから、子供の扱いに慣れている小児科経験は転職に有利になると言えます。

なぜ、採用条件に小児科経験が問われないのかというと、これにはいくつかの理由が考えられます。

幅広い知識が求められる

保育園では、乳幼児の成長に伴い、皮膚科や歯科など専門的な医療知識も求められます。また、感染症の予防や、精神的なケアといった幅広い知識も必要になってくるため、小児科経験だけでは補いきれない部分が多々出てきます。

そのため、小児科経験だけあっても、そこまで突出したメリットにはならないという点が挙げられます。

特に必要な経験や資格がないとは言え、保育園看護師を希望するのであれば、こうした分野について勉強しておくと、転職にも有利に働くでしょう。

看護の仕事よりも雑務が多くなること

先ほどデメリットの話でも述べましたが、保育園看護師は看護関連の仕事よりも、保育補助や保健便りの作成などのデスク業務も多く、いざという時以外は小児科経験を活かすことができません。

その為、小児科に特化したスキルよりも、一通りの看護経験があって、パソコンや子供の扱いなど、保育業務に役立つスキルの方が最重要視される傾向があります。


もちろん小児科の経験があった方が多少優遇されるのは間違いありませんが。ただし幼児の応急処置については、独学でも学んでおくのは損にはならないでしょう。

保育園看護師は、健康な子供たちを相手にする仕事であり、それゆえ怪我や病気が発生した場合は、親御さんたちへの迅速で適切な対応が求められます。

病棟勤務でも患者さんのご家族に接する場面はありますが、保育園ではまた異なる接し方をしなくてはなりません。そのため、コミュニケーション能力が強みになる職場だと言えます。


保育園看護師の求人を探すなら?



保育園看護師へ転職を考えているという看護師さんも多いと思いますが、実際求人を探してみると、求人数はそう多くありません。その為、なかなか思い通りの職場に出会えないと嘆く声も多くあります。

どんな仕事もそうですが、少ない選択肢の中から探すとなると、ある程度の妥協も必要になってきますよね。看護師は特に、職場によって給料や待遇などの条件が大きく異なってきますので、妥協せず、理想通りの転職を行いたいところです。


そのためには、看護師専門の転職サイトを利用した転職活動をおすすめいたします。看護師の求人に絞って全国各地から情報を集めていますので、より多くの選択肢から選ぶことができます。

また、昇給のタイミングや職場の雰囲気など、誌面だけではわからないけど知っておきたい情報ってありますよね。そういった実際に入社してみないとわからないような情報も、転職サイトであれば、専任のコンサルタントが詳しく情報提供してくれたりします。

初めての転職で不安という方には、履歴書の書き方や面接など、プロの目から見て、手厚くサポートしてくれますので、納得のいく転職活動を行うことができますよ。


 保育園看護師に強い求人サイトはコチラ



このページの先頭へ